HOME > ブログ > 若い女性のためのリーダーシップ研修2019 報告

若い女性のためのリーダーシップ研修2019 報告

Asian Young Women's Leadership Development Seminar in Hong Kong 2019

大変遅くなりましたが、2019年3月26日~31日に香港で実施された若い女性のためのリーダーシップ研修2019のスタッフ報告です。
Blog 1main.jpg
若い女性のためのリーダーシップ研修2019 in 香港(Asian Young Women's Leadership Development Seminar in Hong Kong 2019)
研修テーマ:Here I am, Send me: Young Women, We will GO !
テーマ聖句:イザヤ書6章8節「そのとき、わたしは主の御声を聞いた。「誰を遣わすべきか。誰が我々に代わって行くだろうか。」わたしは言った。「わたしがここにおります。わたしを遣わしてください。」
日程:2019年3月26日~3月31日 香港での研修日程は3月26日~30日の5日間

Blog 2.jpg2019年3月に香港にて若い女性のためのリーダーシップ研修を実施しました。
香港で開催されたこの研修は、5年に1度行われる「世界連盟メソジスト教会及び合同教会女性連合東アジア地区大会第11回(=World Federation of Methodist & Uniting Church Women 11th East Asia Area Seminar 2019)」(以下EAAと表記)の日程と並行して開催しました。全世界にあるメソジスト教会の女性の集まりは各地域(東アジア、南アジア、ヨーロッパなど)に組織があり、各地域ごとの大会と世界大会を5年に1度開催します。日本は準加盟国として東アジア地区の教会女性連合に加わっています。2019年に香港で開催された大会は、東アジア地域の教会女性たちが集まり、EAAに加盟する各国の代表者や参加を希望した教会女性リーダーたちが約250名集まり、共に礼拝を守り、テーマに沿った講演を聴き、各国の奉仕活動や課題等の発表を行います。またこの大会において、次期EAA代表者や役員たちを選出するための選挙もおこないます。前大会は、2014年にシンガポールで行われ、そこで初めて若い女性たちも参加しました。
現在のEAA代表者であるNgui氏は、若い女性たちのリーダーシップ育成にも積極的であり協力的であることも後押しとなり若い女性のためのリーダーシップ研修を実施することとなりました。今回、大会と並行して研修を実施することで、1)若い女性たちとEAAに参加する女性たちとの世代間の交流を図る、2)過去の参加者たちを集める同窓会としての役割を果たすこと、3)研修の経験が参加者のその後にどのように役に立っているか、現在どのようにリーダーシップを発揮しているのか、検証することを目的としました。
Blog 3.jpg

香港を含めアジアの10地域から29名の女性たち(18歳~35歳まで)が集まり(日本からは4名の参加)、5日間のうち2.5日間を若い女性のためだけのプログラム、その他はEAA全体のプログラムに参加するスケジュールでした。
2009年にフィリピンで若い女性のためのリーダーシップ研修が始まり、2009年から2018年までの10年間で10回研修を行い、約300名近い女性たちが参加してきました。ウェスレー財団は、2016年のカンボジアの研修から主催団体として企画・運営・実施をしています。
2019年の研修には、過去の研修参加者の中から2011年~2018年に実施された研修に参加した女性たちと、今回が初めての参加となる女性たちが集まりました。Blog 4.jpg
今回は特に過去の研修参加者に重点を置いた研修内容にしたため、1)研修参加後のそれぞれの信仰の歩みを共有するセッション、2)研修を率いてきた講師陣たちの想いに耳を傾けるセッション、3)これまでの研修を振り返るセッション、4)参加者が考えるリーダーシップ研修案を発表するセッションなど行いました。
EAAの大会では若い女性たちからの提言をする時間も設けられ、一回りも二回り上の世代の女性たちに向けて、国別ではなく「東アジアの若い女性たちからの提言」として2回ほど発表する機会を持ちました。
通常は5日間たっぷり若い女性のためだけのプログラムとしてスケジュールを立てます(通常5日間のプログラムでも休憩時間が足りない、予定が詰まりすぎているとの声をいただきます)が、今回は今までの最短である2.5日間という大変限られた日数の中で、上記のセッションと、EAAの大会での発表内容を決めるという挑戦を研修参加者に課しました。特にEAAの大会では、若い女性たちからの提言と行動計画の発表という2つのパートに向け、参加者から代表を選び、発表内容を考え、発表方法を考えることまで担当してもらいました。
2019年の研修で特に顕著だったのは参加者たちの自主性、積極性、柔軟性でした。通常の研修では、研修参加者たちの仲が深まるのは研修後半になることもありますが、今回は限られた時間の中ですぐに意気投合し、自主性をもってどの参加者も積極的に様々なセッションに取り組んでいる姿がありました。
限られた時間内でベストを尽くす姿勢、堂々と発表する姿、創造的な発表方法を考え実行する姿を見て、誇らしく感じると同時に参加者たちの成長と若い人たちの可能性を強く感じることができました。

慌ただしく研修日程が過ぎていきましたが、一人一人が香港での出会いと経験とともに、「わたしがここにおります。わたしを遣わしてください。」という聖書のみ言葉を携えそれぞれの地に戻っていきました。2019年に香港で研修を開催するにあたり、ご協力くださった多くの方々に感謝申しあげます。

  【参加者の声】
「私はこれまで、何かをしなければならないというとき、人の目を気にしてしまったり、意見があっても自信がなかったりして主張や表現ができませんでした。しかしながら、今回の研修で、私は行動を起こすという決意が与えられました。神様が私を呼んでくださる、送ってくださるということが初めて肌で感じました。正直、これからも人のことを気にして怖いと思ってしまうことがあると思います。けれども、私は神様の守りのうちに生きているから胸を張って行動できると思います。私はこの研修で、リーダーとして神様に遣わされました。与えられたmissionを果たす必要があります。まずは、自分が所属する教会や母校から一歩を踏み出してクリスチャンとして女性として行動していきたいです。 」(大学生女性20歳)
  
Blog 5.jpg

ページトップへ