HOME > プログラムのご案内 > フィリピンの元児童労働者の来日講演会

フィリピンの元児童労働者の来日講演会

CFCGirlsTherapy.jpg

フィリピンで人身売買や子どもの人権問題に取り組むプレダ基金。実際に人身売買の被害にあい、現在、プレダ基金に保護されている17歳の少女と、ご自身も人身売買の被害者で、現在はプレダ基金のスタッフとして、若年被害者のケアに取り組むソーシャルワーカーのお二人が、日本で児童労働問題に取り組むフリー・ザ・チルドレン・ジャパンの招へいで来日します。

人身売買の現状や、被害にあった少女をどう保護し、どう社会復帰を支えているか、彼女たちの経験に耳を傾け、私たちに一体何ができるかを考えてみませんか。

日時 3月28日 18時より(17時半開場)
場所 Wesley Center 205
スピーカー 17歳の少女(プレダ基金スピーカー) 知人の紹介で知り合った人物に騙され、人身取引被害にあい、性産業に引きずり込まれる。 プレダ基金によって救出、保護された。現在はプレダ基金からのサポートで学校に通いながらスピーカーとして活躍中。
マーリーン(プレダ基金ソーシャルワーカー) 17歳の少女の同伴者として一緒に来日するプレダ基金のソーシャルワーカー。 自身も子どもの頃に人身売買の被害にあい、外国人相手に性産業でセックスワーカーとして働かされていた経験がある。そのような体験を克服した者として、性産業から救出されプレダ基金で保護されている少女たちの社会復帰の手助けをしている。
参加費 無料
申し込締切 3月28日(できれば事前にご予約ください)
その他 参加ご希望の方は、フォームにてご予約ください。
お問合せ ご不明の点につきましては 03-6427-4696
またはメールでお問い合わせください。
ページトップへ