HOME > おしらせ > アジア学院奨学金受給生をご紹介します

アジア学院奨学金受給生をご紹介します

ARI Scholarship.jpgアジア学院は、主としてアジア、アフリカ、太平洋地域の農村共同体に生き、働いている農村指導者の育成を目的とした学院です。
毎年1年間の研修のために、各国の農村指導者たちが学院のある西那須野にやってきます。
Wesley Foundationでは、農村指導者の育成というアジア学院の使命を支えるべく、研修生に奨学金を出しています。

今年の受給生は、ミャンマーのK. T. 二・サン(写真左)さんとリベリアのマイケル・タンバ(写真右)さんです。
お二人の詳しい様子は、ブログでもご紹介していますので、ぜひ、ご覧ください。

ページトップへ