HOME > ブログ > アジア学院で学ぶ奨学金受給生
Our Scholarship Recepients at ARI

アジア学院で学ぶ奨学金受給生
Our Scholarship Recepients at ARI

ARI Scholarship.jpgアジア学院は、主としてアジア、アフリカ、太平洋地域の農村共同体に生き、働いている農村指導者の育成を目的とした学院です。今年は17か国から31人が集い、学院のある栃木県西那須野で研修に励んでいます。
Asian Rural Institute (ARI) nurtures and trains rural leaders for a life of sharing. Leaders, both women and men, who live and work in grassroots rural communities primarily in Asia, Africa and the Pacific, form a community of learning each year together with staff and other residents.

Wesley Foundationでは、農村指導者の育成というアジア学院の使命を支えるべく、研修生に奨学金を出しています。
今年の受給生は、ミャンマーのK. T. 二・サンさん(写真左)とリベリアのマイケル・タンバさん(写真右)です。
To support their learning, Wesley Foundation provide scholarships to participants. This year, our scholarship recepients are Ms. K. T. Ni San from Myanmar (Photo left) and Mr. Michael Tamba from Liberia (right).

K. T. 二・サンさんは、チン州からの参加です。1年間日本で研鑽をつまれたあとは、「輸送の問題と新しい農業形態の実験に取り組む計画」とのこと。アジア学院では、「持続可能な畜産と稲作、特に機会を用いる方法を学びたい」とのことでした。
Ni San is from Chin State. After a year training at ARI, she plans to address transportation issues and implement new agricultural models in my community. Her training focus is on "sustainable livestock raising and rice cultivation, especially with machinery."

Dancing Rev.jpgのサムネイル画像一方のマイケル・タンバさんは穀物に対する病害虫の専門家です。「リベリアでは、多くの農民への基本的な訓練すら不足している状況なので、新しい技術を習得してもらい、彼らの生活改善の機会を提供する」ことが、マイケルさんの仕事とのこと。「いつか農業協働組合を設立」したいと、実践的な訓練ができる指導者を目指して研修中です。
Michael is a pest management specialist. "Recognizing many farmers lack even basic training in Liberia, my work is to provide opportunities for them to improve livelihood through new skill acquisition, says he. "In order to form farming corporation one day, " he would concentrate on substantial trainings."

こうした参加者との交流会に、Wesley Foundationの小海プログラムディレクターも参加。奨学金受給生をはじめとする31名の研修生と交流を深めました。(写真は踊る小海ディレクター。左奥にマイケルさんの姿も)
Rev. Chang, our Program Director, joined exchanging event at ARI to meet and talk with participants including our scholarship recepients. (Photo; Dancing Rev. Chang. Michel is also dancing on the left side)

ページトップへ